大蔵山スタジオの石塔

大蔵山に点在する伊達冠石の
巨石を用いた文化施設は、
山と石の生命を伝える
私たちの活動の象徴です

豊かな恵みをもたらした
里山本来の姿へ
土を戻し、緑を植えて
人々がふたたび集う採石場に

大正時代に初代・山田長蔵によって伊達冠石の採掘が始められた大蔵山は、地元の人が鹿やイノシシを狩り、春には山菜を、秋にはキノコを採取するような、豊かな自然に恵まれた里山でした。戦後、大型重機の開発と高度経済成長期の需要に伴い、盛んに採石した結果、山肌は削られ、自然が大きく傷つけられてしまいました。1980年代に入り、家業を継いだ4代目・山田政博は荒涼とした採石跡地を蘇らせるため、土を埋め戻し、植樹をコツコツと続けます。採石場でありながら、再び人々が集う、緑豊かな里山の姿にしたい。その背景には山田政博の「石は山の恵みそのもの。石をもたらしてくれる山に感謝し、山に命を返す」という信念があったのです。

彫刻家や建築家とともに
伊達冠石で文化施設をつくる
修景作業という
山に命を返す営み

伊達冠石の中でも最大級のものが採掘されると、大蔵山に残していくことを山田政博は決意いたします。巨石を立てて山や自然への感謝を表してきた、古代から脈々と続く感覚を現代に伝えるため、貴重な伊達冠石を用いて石舞台円形劇場から現代イワクラまで、さまざまな文化施設を建設いたしました。そして山の修景作業の一環としたのです。

雄大な大蔵山の風景にそびえるさまざまな文化施設は、自然への畏怖と、自然に寄り添う心を表しております。伊達冠石を加工するだけでなく、石と生命のつながりを今に伝えることは、大蔵山の原点なのです。山の見学会などを通じて、雄大な大蔵山の自然とこれらの施設を多くの方に体感していただく機会を、これからも大切にしてまいります。

文化施設についてはこちら