大蔵山スタジオの石塔

自然石(一般型)

丸玉石の断面を水磨きで仕上げ
落ち着いた黒灰色と穏やかな褐色の対比を
墓石、花入、香炉に生かす

墓石に向き合い手を合わせた時に、竿石、香炉と花筒の黒檀色と褐色のバランスが美しい、スタンダードな石塔です。竿石は、伊達冠石の丸玉石を斜めに切削し、丁寧に水磨きで加工しています。断面の自然な形状を生かし、さまざまな彫刻に対応できる面をつくりました。また竿石のゆるやかな輪郭は、全体的にやさしい印象を与えます。

竿石の表面の輪郭にはごく細い面取りを施し、背面に生かした伊達冠石の石成りの形状と褐色の表情との連続性と緊張感を大切にしています。この面取りの繊細な仕上げにも、弊社技術スタッフの腕が光っています。

花筒は、竿石に合わせて表面が褐色の伊達冠石から加工。左右の一対の花筒の外側のみを石成りの形状と褐色の皮を残し、他の面をすべて鏡面磨きで仕上げました。

竿石を設置している水磨きの上台はエッジを効かせました。香炉と花筒との間に、折り目正しい緊張感が生まれます。

大蔵山スタジオのつくるお墓