大蔵山スタジオの石塔

自然石(丘カロート型)

素朴でシンプルな構成の墓石
本磨きにした細長い玉石が野辺の道祖神を思わせる

野辺に祀られた道祖神が彫られた自然石のように、素朴な形状の伊達冠石を竿石とした、丘カロート型の墓所です。竿石はやや細長い玉石を切削し、表面から側面の一部を鏡面のような本磨きで連続させています。竿石の風情に合わせて、花筒と香炉の仕上げも質感を出しました。

竿石の表面から側面の一部を、小さなRの角丸で仕上げ、本磨きで連続させています。水をうつと、思わず手で撫でたくなるような緻密さと滑らかさ。伊達冠石ならではの質感です。

1点にした花筒は、竿石の表情に合わせて小さな褐色の玉石の自然な形状を生かして制作しました。筒の口縁のみ本磨きで仕上げ、残りは磨き残しています。

素朴な竿石の質感や風情に寄り添うよう、香炉は小さな褐色の玉石そのままの形状を生かしてくり抜き、内部正面はごく細かいビシャンで仕上げました。

大蔵山スタジオのつくるお墓