大蔵山スタジオの石塔

自然石(芝基地型)

青々とした芝に映える
伊達冠石の艶やかな表情
曲面を生かした竿石の存在感が際立つ

近年増加している芝基地に対応する墓石。竿石や上台への目線が他の墓石と異なり上から落ちるため、仕上げや磨き方にも配慮しています。伊達冠石の自然な形状を生かして磨いた竿石は、研磨した台石の輝きの上で浮遊感すら感じさせます。芝の緑の中、伊達冠石の深みのある艶が墓石の品格を伝えます。

原石の自然な曲線を生かし、石成りに磨いた竿石の彫刻面。褐色の皮と鏡面との境が自然になじんでいるのも、高度な職人技の賜物。

左右対に設置した花筒は、上からの目線を意識して、小口に褐色の皮を生かして加工しました。側面は水磨きで仕上げ、墓石に向かって手を合わせた正面の印象に変化をつけました。

上台が重なったところの小口に褐色の皮を残して仕上げました。こちらも墓所に近づいた時に正面から受ける印象に配慮したデザインです。

大蔵山スタジオのつくるお墓